中国最大の中古スマホプラットフォーム 愛回収

概要

愛回収(アイフゥイシォゥ)は、2011年に誕生した中古スマホやパソコン、デジタル家電を中心とした買取プラットフォームです。
運営は京東集団傘下の万物新生(ATRenew Inc.)で、京東集団が筆頭株主でもあります。

運営会社の万物新生には4つの事業があり、愛回収はその中の一つです。
他、中古デジタルプラットフォームの「拍機堂」、中古品取引プラットフォーム「拍拍」、海外向け事業をメインとした「AHS Device」などの事業を展開しています。

参考:https://36kr.jp/137077/

2020年3月31日時点で、愛回収は中国国内に実店舗を753店展開。
また1500カ所以上に買取りステーションを設置しており、広域で買取が行える環境
が備わっています。

愛回収ではスマートフォンの取引が全体の6割以上を占めています。
1日の取引台数は5万台を数え、個人・企業問わず買取売買が盛んに行われています。

(Apple、ファーウェイ、シャオミなどのメーカーロゴが並ぶ。メーカー別一覧 引用:https://www.aihuishou.com/shouji)

愛回収の強み

創業者兼CEOの陳雪峰氏曰く、愛回収には3つの特徴があります。

1つ目は、中古機器下取り検査を自動化していること。

2つ目は、数万もの登録回収業者から成り立つ、下取りから買い取りまでに2〜3日間というスピーディーさ。

3つ目は、店舗数は700店以上、1500カ所以上に上る買取りステーションで、中国国内の広域をカバーし出張買取りを実現していること。

4つ目は、事業全てで、個人と法人からの買取り、個人への販売、海外への輸出と、中古デジタル家電に関する取引を全てカバーできることです。

京東との結びつきも強く、京東経由の売買や、提携している小売実店舗での販売も行われています。

子どもたちへの支援プロジェクト

愛回収では、中国山間部の農村の子供たちへ、オンライン教育に適したリサイクルデジタル機器の寄付を行っています。
中国国内では、地理的要因からのインターネット・デジタル環境格差が、教育内容の格差を産み、子どもたちに大きな影響を及ぼしています。
インターネット環境の整備や最新のデジタル機器を投入し格差を無くす事で、 子どもたち へ高度なオンライン教育を提供することができるのです。
また、中国国内では各地で大雨と深刻な水害が頻発しており、多くの学校が被害を受けています。

(水害の被害を受けたノートパソコン 引用:https://fashion.chinadaily.com.cn/a/202107/30/WS6103abcca3101e7ce975c63c.html)

愛回収では、水害の被災者支援のため基金を設立し募金を募ったり、被害を受けたデジタル機器のリサイクルも行っています。

参考:愛回収公式webサイト https://www.aihuishou.com/pc/index.html#/huishouai/index

日本からの利用

アプリのダウンロードは可能です。
しかし対応言語は中国語のみで日本語の翻訳はされておらず、個人レベルでの利用は難しいようです。
日本での展開も公式webページ内で話題に触れられていますが、具体的なサービスの展開の案内はされていません。
中古スマホ市場は日本でも広がりを見せる需要あるマーケットのため、今後何らかの動きを期待したいところです。

WORLD SWITCH(ワールドスイッチ)

中古販売向け ECサイト一元管理システム「ワールドスイッチ」を提供しております。
買取から出品・販売まで、業務効率化を図れます!

ワールドスイッチ サイトへ
COPYRIGHT© WASABI INC. ALL RIGHTS RESERVED.
COPYRIGHT© WASABI INC. ALL RIGHTS RESERVED.